左:『人類最強の初恋』 右:『掟上今日子の推薦文』

写真拡大

小説家・西尾維新さんの新刊『人類最強の初恋』と『掟上今日子の推薦文』が、4月24日(金)講談社より2冊同時刊行される。

【最強と最速のWヒロイン! 西尾維新が新作小説を2冊同時刊行の画像・動画をすべて見る】

『人類最強の初恋』は、「戯言」シリーズや「人間」シリーズの表紙・挿絵を手がけたさん、『掟上今日子の推薦文』は、〈物語〉シリーズの表紙・挿絵を手がけたVOFANさんといった、これまでの西尾さん作品を数多く彩ってきたイラストレーターがそれぞれイラストを担当する。

最強! 『人類最強の初恋』


『人類最強の初恋』



『人類最強の初恋』は、「戯言」シリーズに登場する人類最強の請負人・哀川潤を主役としたライトノベルシリーズ・「最強」シリーズの第1弾作品。

強くなり過ぎた哀川潤に、ついに世界のすべてが降伏し、倒すべき敵も、応えるべき依頼も失った請負人に、初めての「」が襲い掛かる!「戯言」では済まされない「人間」の枠を越えた、「最強」のラブストーリーとなっているという。

冒険や、新たな出会いに満ちた、超弩級のエンタメ作品に仕上がっている。西尾維新さんのデビュー作『クビキリサイクル』から連なる「戯言」シリーズの中でも、特に人気の高いキャラクターが主役ということもあって、注目度は高い。

最速! 『掟上今日子の推薦文』


『掟上今日子の推薦文



『掟上今日子の推薦文』は、いったん眠ってしまうと記憶がリセットされてしまう忘却探偵・掟上今日子を主人公とした物語。全てを1日で忘れてしまう今日子が、忘れる前に事件を即日・最速解決していくミステリー作品。

『掟上今日子の忘備録』に続くシリーズ2作目で、今回は美術館を舞台に美術品を巡り、数々の難事件に挑み、スピーディーな展開と忘却の儚さで読者を魅了する。

さらに、漫画『荒川アンダー ザ ブリッジ』や『聖☆おにいさん』の作者である中村光さんのイラストによる史上最高のバトルロイヤル小説「十二大戦」の刊行も5月19日(火)に控え、相変わらず怒涛の執筆ペースを誇る西尾維新さん。

「最強」と「最速」のヒロインたちの活躍に期待が高まる。

※画像はすべて西尾維新公式情報Twitterより