写真提供:マイナビニュース

写真拡大

eラーニング専門ソリューションベンダーのデジタル・ナレッジは、早稲田大学人間科学学術院の松居辰則研究室と共同で「ラーニングアナリティクスによる退学予兆検出プロジェクト」を立ち上げ、退学予兆を予見するための研究を行うと発表した。研究期間は2015年3月1日から2016年3月31日まで。

教育の現場ではeラーニング学習におけるドロップアウトが問題となっており、大学にとって定員充足率の確保や教育の質の担保、大学ブランドイメージの維持、収入減リスクの抑制など点で、退学者防止が重要な経営課題となっている。同研究では大手前大学、八洲学園大学といった、通信制大学の学生の活動履歴や学習履歴をもとに、退学予兆を予見できないかを研究しシステムとして実装すること目指す。

具体的には、同社の学習履歴統合管理・認定証管理サービス「Mananda」を用いる。「Mananda」は教室での授業、学校の出欠や学習進捗、テストや試験の点数、読書、セミナー受講、eラーニングの進捗・結果などの学習行動をクラウド上に記録し、学習行動を統一された仕様で保存、収集・統合するサービス。

デジタル・ナレッジは「『Mananda』によって学生の学習行動を見える化し、退学予兆を予見するアルゴリズムを検証することで、効果的な学生指導を実現するサービスの開発・提供を目指します」とコメントしている。