新世紀の音楽たちへ  第4回「同人音楽の中の民族音楽」

写真拡大

同人音楽を様々な観点からめぐる連載「新世紀の音楽たちへ」。今回は「民族音楽」について。実は、同人音楽と民族音楽には少しユニークなつながりがある。

【新世紀の音楽たちへ 第4回「同人音楽の中の民族音楽」の画像・動画をすべて見る】

ニコニコ動画やYouTubeの音楽関連のタグで、よく「民族音楽」という言葉を見かける。M3のカタログにも毎回一定の数、「民族音楽」のサークルが登場する。でも、これってよくよく考えてみると不思議なことじゃないだろうか。
 
民族音楽

別に特殊な言葉じゃない。ニコニコ動画で「民族音楽」というタグを検索して見ればたくさんの動画がでてくる。2ちゃんねるのスレッドなどでもよく使われているようだ。それどころか、「民族音楽+電子音楽の楽曲を教えろください!」なんていうような質問も見かけたりする。

同人音楽即売会や、音楽サークルのホームページを見ても「うちは民族です!」と、「民族音楽」を旗にかかげる人たちもたくさんいる。僕も同人音楽でよく聞くような「民族音楽」がとても好きだ。たとえばこんな一枚のCDがある。

アルティナ・トスの召喚壁に捧ぐ


アルティナ・トスの召喚壁に捧ぐ


http://hagall.hacca.jp/forAT/

もちろんTSUTAYAにそんな棚はない・・・・・・と思ったらあった。某都心のTSUTAYAのレンタルCD棚には「民族音楽」の棚は、日本でもブームを巻き起こした「ワールドミュージック」を中心に「アフリカ大陸セネガル民族音楽ジェンベ・シリーズ」がちゃんとおいてあった。TSUTAYA、やるじゃねぇか……っ。

でも、TSUTAYAの民族音楽(ないし民族)の棚と、同人音楽における「民族音楽」はちょっと様子が違っているようにも見える。TSUTAYAの棚では、特定の地域に住んでいる部族が受け継いできた器楽と音調からなる音楽だったり、宗教祭儀に使われたりする音楽が並んでいる。けれどもイベントに合わせて制作された同人音楽CDは、そうした民族の生活や祭儀と深い関係をもつ「民族音楽」なわけではない。

だから、「民族音楽」と区別し「民族調音楽」という呼び方も一般的だ。でも、今回は「民族調」とは言わずに「民族音楽」で統一させてほしい。

例にあげた『アルティナ・トス』がHPで標榜している「民族音楽の要素」、つまり「民族音楽らしさ」というのは一体なんだろう? それは、どこから来たのだろう?

それから、なぜ世界中の諸地域の音楽と、別にそうした地域の生活を代表しない民族調の音楽が共に「民族」と「音楽」という共通した言葉で説明されるのだろう。そしてなぜそれが同人音楽の世界で広く需要され制作されているのだろう。いろんな疑問がわいてくる。

同人音楽の中の「民族音楽」は、同人音楽の発展の中で小さくない役割を担ってきた。一般的なミュージックシーンではあまり聞かない「民族音楽」が一つのジャンルを形成していて、その中にも多種多様の音楽が存在する。同人音楽における「民族音楽」の世界は奥深いし、また一般社会での「民族音楽」との関係を通しても面白いものが見えてくるはずだ。そこで「同人音楽と民族音楽の世界」に踏み込んでみよう、というのが今回のテーマである。

「民族音楽」とはそもそも何か?


さて、同人音楽では当たり前に使われるジャンルである「民族音楽」。繰り返すけどもちろん、その大半は現実世界にいる諸民族の音楽の何かを代表しているわけではない。

そもそも、文化が違えば音楽も違う。いまの僕らが多種多様な世界中の音楽を――なんとなくであれ――「民族音楽」として認識できるのは、過去にそうした音楽好きな人が世界中で音源採集や採譜に励んできてくれたからだ。その軌跡は、学問的には「民族音楽学」としてまとめられている。

「民族音楽学」の起源は、西欧圏の音楽を中心にした上で、それ以外の音楽を比較する学問「比較音楽学」である。その領域の名著に、アレクサンダー・ジョン・エリス『諸民族の音階』(音楽之友者、1951:原著1885)がある。

これは、いろいろな民族音楽の「音階」を明らかにした本だ。西洋で広く使われている平均律や、古い鍵盤楽器で使われていた中全音律(ミーントーン)などとは異なる音階が様々な地域にあることを(比較的)数量的・定量的な方法で明らかにしている。

この「比較音楽学」は現代の民族音楽の研究に大きな足跡を残した。世界中のどこに、どんな音楽があるのか。私たちの知っている音楽と違う音楽はどんなものなのか。それらを具体的に比較する素地がこうした研究によってつくられた。

もし、比較音楽学や民族音楽学がなければ、世界中にある多種多様な楽器の音色が、不協和音として切り捨てられていた可能性だってあるだろう。

そういえば、あるコンポーザーの友人に「民族音楽らしさって何で判断する?」と聞いた時「音階」と答えてくれた。たとえば「ドレミファソラシド」の「レ」と「ラ」を抜いて曲をつくると琉球楽器ではない曲でも沖縄音楽っぽくなる、といった具合だそうだ。こういう発見も間接的であれ比較音楽学の成果によるところと言ってもいいだろう。

そうやって世界中の音楽を訪ねてみると「比較」なんて簡単にできないぞ、という当たり前のような事実も判明してくる。地域ごとに音楽があるだけではなく、もともと別のところの音楽であったものが、地域を移動すると新しくアレンジされていくこともわかってきたし、そもそも当地の人たちは「音楽」と見なしていない音楽もあることがわかってきた。音楽が、遊びや仕事や生活と密着に関係していて、現在で考えられているような切り離されたものではないケースもたくさんあったのだ。

民族音楽学は西洋の音楽を中心とする「音楽の常識」に疑問を投げかけていった。例えば、労働歌や田植え歌のような生活に密着した音楽がある。西洋の和声理論から逸脱した不協和音もある。音楽と思って聞いていたらダンスだったとか。あるいは中東の伝統音楽に見られるような一度限りで即興性が高く、西洋の常識で測れない響きを音楽とみなしてよいのか、遊びとみなすべきなのか、儀式とみなすべきか。当時の「音楽観」を揺らがすような発見が幾つもあったのだった。これらは現在でも有効な問いかけだろうと思う。

僕達が世界中にある諸民族の音楽として抱く「民族音楽」のルーツのひとつはこうした世界の「諸民族の音楽」にある。TSUTAYAの棚のセネガルのダンスだって、誰かがこうして集めたものだ。これらの民族音楽が僕達にとって魅力的であることに変わりはない。

諸民族の、地方の音楽にこだわって楽曲を作るサークルの一つに、casketさん(http://www.yukinohana.net/~casket/index.php?Home)がいる。様々な国や地方の楽曲から構成されるコンピレーションアルバム「Musicatlas」シリーズは多くの民族音楽ファンの心をつかむ良企画だ。

【M3-2013秋 あ07b Casket(Musicatlas編纂委員会)】Musicatlas P. I【XFD】


【ニコニコ動画】【M3-2013秋 あ07b Casket(Musicatlas編纂委員会)】Musicatlas P. I【XFD】

【次のページ】民族音楽の代替「ワールドミュージック」のエキゾチシズム

民族音楽の代替「ワールドミュージック」のエキゾチシズム


と、ここまで書いておいてなんだけれど、こうした諸民族の民族音楽だけが、同人音楽における「民族音楽」の由来となっているわけではない(のだが、正真正銘のフォークロールをやるサークルもたくさんある)。僕が思うかぎり、同人音楽の民族音楽には、他にもいくつかの源流がある。

その一つがポピュラーミュージックとしての「ワールドミュージック」だ。

60年代になるとそれまでの「民族音楽」に代わって「ワールドミュージック」という言葉が誕生する。いわゆる西洋の音楽以外にも、世界中には様々で豊かな音楽世界があり、それらに「優劣」なんてないことが広く認識されるようになってきて、そうした音楽を聞いてみたいというニーズが盛り上がってきたのだ。

こうしたニーズは80年代に入って大規模なムーブメントを生み出した。今度はメジャーレーベルで様々なプロモーターたちが活躍しはじめ、フュージョンなどの大規模なライブに民族音楽演奏家たちが出現しはじめたのだ。こうしたライブの影響で、イギリスでは80年代に民族音楽の大ブームがおきる。

大手レコード会社がこの「ワールドミュージック」を殺し文句にして、次々と諸国の音楽とポピュラー音楽をミックスした楽曲やアーティストを紹介しはじめる。今となってはおなじみの「サルサ」や「ガムラン」といったジャンルも、こうした時代の潮流の中で注目を浴びてきたのである。

そして80年代以降「ワールドミュージック」は2つ以上の音楽ジャンルが融合した「ネオ民族音楽」とでもいうべき様相を呈してくる。いま僕らが「民族っぽい」と思う〈楽曲における民族っぽさ〉はこうした大手レコード会社によって紹介され、現代のアーティストたちによって加工されたエキゾチックなサウンドに由来していることが多い。

もちろん何が「ワールドミュージック」に編入されるのかは地域によっても異なる。日本の河内音頭もいまや世界中のクラブシーンで人を踊らせるエキゾチックなワールドミュージックなのである(「サノセッ」ってね)。でも日本では盆踊りの時ぐらいにしか聞く機会もないだろうけれど。

でも何がエキゾチックに聞こえて、何が聞こえないのかという問題は案外難しい。ただ聞き慣れない楽器や音階があればエキゾチックなわけではない。でもそう聞こえる音には「異界性」があるかもしれない。

enyaによる「ケルティックサウンド」と功績


エキゾチックな、異国的で異界的な魅力は普遍的に人を虜にする。その代表的な存在に、アイルランド出身のアーティスト・enyaがいる。

彼女の歌声はやさしく透明で魅力的だ。けれども、彼女がアイルランドの、原初的で雄大なイメージを自分のブランディングに生かしたことは「ワールドミュージック」の普及と展開において重要なことだった。

アイルランドの音楽はもともとアメリカのポピュラー音楽にも大きな影響を与えていたのだけれど、そうしたもの「島のケルト文化」を意識し、雄大で神秘的な自然やミステリアスな雰囲気をまとって、世界中の人たちから高い評価を受けた。

もちろんenyaが「ケルト・アイリッシュ音楽」を直接代表しているわけではない。「民族音楽」という売り文句を聞いて買ってみたら、ケルティックアレンジだったという事もなくはない。まるでケルト風の音楽が「民族音楽」の代名詞みたいに言われることもあるのだけれど、それは間接的にであれenyaの成功に寄るところも大きいのではないだろうか。

enyaの成功が、「エキゾチック」とのコラボを志向する「ワールドミュージック」ブームの一部であったことを考えると、「同人音楽のなかの民族音楽」の源流の一つをここに見いだすことはそう的外れではない気がする。

もちろん、こうしたアイリッシュサウンドを魅力的に構成する人達もいる。近年はライブハウスを中心に様々なアーティストとコラボをする蒼咲雫さんもそうしたアイリッシュサウンドを魅力的に奏でる一人だ。今後はドイツに拠点を移されるそうだけれど、頑張って欲しい。

shizukuaosaki


http://www.shizukuaosaki.com/

同人音楽における「世界観」の表現


どうして同人音楽では「民族音楽」が広く流通しているのだろう。

その答えはよくわからない。ただ、かつて流行した「ワールドミュージック・ブームの名残り」とか「民族音楽ファンが多い」といった理由ではなさそうだ。

でも、そのヒントに「世界観と音楽」がある。民族音楽を取り入れたCDは楽曲だけではなく世界観も大きな魅力になっている。

霜月はるかさん(Maple Leaf)と日山尚さん(ねじごっこ)合同サークル「しちごさん。」が展開している「ランジェルドプロジェクト」がそうだ。「とある滅んだ国の 『記録(レコード)』を集めて彼らの世界を再構築する」プロジェクトシリーズとして展開している「ランジェルドプロジェクト」では、まさに異界的な音楽と歌詞が、ここではない別の「世界」を多角的に表現する。

幻想的な霜月はるかさんの歌声だけではなく、その音楽が紡ぎだされる背景も同時に提示されている。

霜月はるか「ランジェルドプロジェクト」


霜月はるか「ランジェルドプロジェクト」


http://eleol.net/yoru/

民族音楽を標榜しているわけではないけれど、たとえばLapiLapiさん(http://lapilapi.com/information/discography/lapi0001/)の『七珠の祈り Prayer of seven stones』は七種の石をモチーフにしたCDで、いろいろな石種のイメージに合わせてアラビア風、和風、ケルティック風などのアレンジが編成されている。ここでは民族や生活ではなく石のイメージを表現しているのだ。

七珠の祈り Prayer of seven stones Short PV




こうした世界観と音楽とが交差する地点に生まれる感覚がいい。的確な言い方ではないかもしれないけれど「雰囲気」がいい。

アーティストやプロデューサーといった「人」だけではなく、「世界観」や「キャラクター」を前面に押し出すこともある同人音楽において、ジャケットイラスト・楽曲・曲の並び・歌詞・ライナーノーツ、場合によってはWebサイトなど、様々な要素から形成される「雰囲気」がもつ役割は非常に大きい。

こうした「雰囲気」を調整すること、魅力的な「雰囲気」を纏うことが同人音楽における民族音楽の一つの大きな魅力になっている。なんの根拠があるわけでもないけれど、こうした世界観をもった作品と民族音楽の相性はすごくいいのではないだろうか。民族音楽には、僕らの知らない世界に生きる人々や生命を感じさせる力があって、普段聞き慣れているヒットチャートにあがる音楽では表現できない雰囲気を持たせる力があるのだ。

こうした同人音楽における世界観と民族音楽との融合には「ワールドミュージック」や「諸民族の音楽」とは異るルーツをもっているようだ。そこで、同人音楽に強い影響を与えたもうひとつの民族音楽の源流を探りあてに行かなければならない。

それが、世界と音楽を直接結びつけているアニメーション・ゲーム音楽だ。アニメやゲームの音楽が、現在の同人音楽にどんな影響を与えているのだろう。いまの同人音楽から逆にアニメやゲームの音楽の魅力を語ることもできるだろう。

そういうわけで次回はこのルーツを掘り起こしていこう。同人音楽と民族音楽の関係は次回へと続く!

新世紀の音楽たちへ/安倉儀たたた の連載記事


新世紀の音楽たちへ 第0回──同人音楽とその環境、即売会について
新世紀の音楽たちへ 第1回──なぜ、いま同人音楽なんだろう?
新世紀の音楽たちへ 第2回──DTMと電子音楽が同人にもたらしたもの
新世紀の音楽たちへ 第3回──アレンジの現在、群体としての同人音楽