<東建ホームメイトカップ 事前情報◇15日◇東建多度カントリークラブ・名古屋(7,081ヤード・パー71)>
 「去年優勝して1年。あっという間ですね」と話したのは、2014年開幕戦で“年またぎ連勝”を達成した宮里優作。2013年最終戦「JTカップ」での劇的チップインで悲願の初優勝を飾ると、翌年の開幕戦で2勝目。「苦手なコースだったのですが、去年勝って得意コースになりました」と東建多度カントリークラブは縁起のいいコースとしてインプットされている。
宮里優作、昨年大会をフォトギャラリーでプレーバック!
 今年は「年間複数回優勝」を目標に、例年よりも長いオフをアプローチ、パットの精度、ショットの縦の距離…と、細かいところまで集中的に取り組んできたという。
 驚いたのは今年から“クラブフリー”の立場となったこと。「ブリヂストンのクラブしか使ったことがなかったので、新しい感覚が出てくるかなと思いましたが、シーズンオフにクラブが決まらない怖さがありました」と話すとおり、“宮里3兄弟=ブリヂストン”というイメージ。開幕戦で使用するドライバーはブリヂストンながら、「いろいろなクラブを試させてもらい、自分の興味のあるクラブを選びました」 と大胆にセッティングチェンジをしてきた。
 「何事もなければいいゴルフができると思う。いまの目標は、東建優勝!STOP・THE・孔明!で頑張ります」と話した優作。クラブの大幅変更という挑戦が結果につながるかは見ものだ。
【宮里優作 新セッティング構成(4/15日現在)】
ドライバー/J715 B3 ドライバー(ブリヂストンゴルフ)
3W/XR PRO FW (キャロウェイ)
2U/915H(タイトリスト)
3I-PW/MP-4アイアン(ミズノ)
ウェッジ/BRIDGESTONE GOLFフォージド(ブリヂストンゴルフ)
パター/FUTURA X プロト(スコッティ・キャメロン)
<ゴルフ情報ALBA.Net>