マーベル新作は身長1.5cmの男、9月日本上陸の「アントマン」場面写真。

写真拡大

身長1.5センチの男はヒーローになれるのか――。そんなアクション・エンターテイメント映画「アントマン」が、9月19日より日本公開される。それに先駆け、場面写真が解禁となった。

本作の主人公は、やる気も能力もあるのに、仕事も人間関係も空回りばかりのスコット・ラング。別れた妻と暮らす最愛の娘の養育費も払えず、絶体絶命の彼にオファーされた唯一の“仕事”――それは、体長わずか1.5センチになれる驚異の“スーツ”を着用し、未知なる潜在能力を持つ“アントマン”となることだった。

アントマン・スーツを来た者は、誰でもアントマンになることができるのだが、アントマンになる事とヒーローになる事はまったく別の話……。スーツによって1.5センチのアントマンに変身したスコットは、そのパワーを駆使するためのトレーニングに満身創痍で大奮闘。思い描くかっこいいヒーローへは、あまりにも長く険しい道のりだった。

“わずか1.5センチの体長”“意表を突く特殊パワー”“ヒーローになるためハンパない努力が必要”などなど、これまでスパイダーマンやアベンジャーズなどの傑出したキャラクターを生み出してきたマーベル・スタジオから、今度はユニークで愛すべきNEWヒーローが誕生する。

仕事も家庭も失った崖っぷち男のスコット役には、「40歳の童貞男」や「ウォールフラワー」などコメディ映画を中心に幅広く活躍しているポール・ラッド。スコットを導く謎の男ハンク・ピム役には名優マイケル・ダグラス、ピムの娘ホープ役を「リアル・スティール」「ホビット」シリーズのエヴァンジェリン・リリーが演じている。

監督はジム・キャリー主演「イエスマン“YES”は人生のパスワード」のペイトン・リードが抜擢され、マーベル・スタジオならではのスケール感あふれるアクションに、ユーモアと哀愁に満ちた人間ドラマを融合させる。

映画「アントマン」は9月19日(土)ロードショー。