巨人の原辰徳監督がインフルエンザで休養 代行は川相昌弘ヘッド

ざっくり言うと

  • 巨人の原辰徳監督は14日夜に発熱などの症状を訴えた
  • インフルエンザ(B型)と診断されたため、当面静養すると発表した
  • 15日のDeNA戦以降は川相昌弘ヘッドコーチが監督代行を務める

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング