「Leef iBRIDGE」

写真拡大

iOSデバイス向けのLightningコネクターが搭載されたUSBメモリー「Leef iBRIDGE」が、4月下旬より日本向けに販売開始されることが発表された。

【iPhoneの容量不足を解消! Lightning端子搭載のUSBメモリー登場の画像・動画をすべて見る】

下部にあるコネクターに挿すことで、iPhoneやiPadの容量を増やすことができるというスグレモノだ。容量は16GBから256GBまで用意されており、価格はそれぞれオープンプライスとなっている。



持ち運びにも便利なデザイン!


「Leef iBRIDGE」



「Leef iBRIDGE」は、電子製品の設計、開発を行うアメリカの企業・Leef Technologyが開発した、iOSデバイス向けのUSBメモリー。

両端にそれぞれUSBコネクターとLightningコネクターが搭載されており、USB接続を介して、パソコンとの間で写真や動画、音楽や書類といったデータの移動、共有ができる。

本製品に保存されたデータは、専用アプリを利用することで閲覧、視聴することができるようになっている。また、アプリ内には専用のカメラ機能も搭載されている。

「Leef iBRIDGE」



なんといっても特徴的なのは、このJ字型の形状だ。手の内側に回りこむため操作の邪魔にならず、持ち運びにも便利なデザインになっている。厚手の保護ケースの上からでも装着できるようだ。

Android搭載端末と異なり、iPhoneやiPadは外部メモリーを使用した容量拡張ができないため、容量不足に悩む人も多かっただろう。しかし、これさえあればもう心配ご無用だ!