『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』 ©Sebastião Salgado ©Donata Wenders ©Sara Rangel ©Juliano Ribeiro Salgado

写真拡大

写真家セバスチャン・サルガドのドキュメンタリー映画『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』が、今夏に東京・渋谷のBunkamuraル・シネマほか全国で公開される。

【もっと大きな写真を見る】

ブラジル出身のセバスチャン・サルガドは、写真を撮り始めた30代の頃から約40年間にわたって世界各国で撮影を行い、モノクロを基調とした様々な作品を発表。人間を被写体の中心に据え、死、破壊、腐敗といったテーマを扱った写真によって『ユージン・スミス賞』をはじめとする国際的な報道写真賞を数多く受賞している。

『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』は、サルガドが「破壊されたものを撮るのではなく、いま在るがままのものを撮る。我々が必ず守らなければならないものを見せるために」という想いから2004年に始めたプロジェクト『Genesis』を追った作品。「地球上で最も美しい場所」を求め、ガラパゴスやアラスカ、サハラ砂漠などで撮影を行うサルガドの姿が捉えられている。

同作のメガホンをとったのは、同プロジェクトに同行したヴィム・ヴェンダースと、サルガドの息子であるジュリアーノ・リベイロ・サルガド。なお同作は、『第87回アカデミー賞』長編ドキュメンタリー賞にノミネートされたほか、昨年の『カンヌ国際映画祭』ではある視点特別賞およびエキュメニカル審査員賞を受賞している。