大事MANブラザーズオーケストラ『それが大事〜完全版〜』 2009年に新録したバージョン。原曲は「サビがしつこい」というクレームがあったため、このバージョンでは短くしたという。

写真拡大

「先生たち、みんな片道の燃料で来んだよ」(平成ノブシコブシ吉村)

2014年10月より深夜枠で放送していた『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日)が、4月20日(月)にゴールデンに進出する。

舞台は「しくじり学園」の教室。過去に大きな失敗を体験した“しくじり先生”たちが、担任のオードリー若林、生徒役のノブコブ吉村・ハライチ澤部らに、自らしくじった経験を伝える授業を行う。まさに「反面教師」な番組である。

これまでに番組で授業を行った”しくじり先生”は全部で27組。毎回、芸能界やスポーツ界で盛大にしくじってきた先生たちの珠玉のエピソードが満載だ。レギュラー化を前に、深夜時代の”しくじり”を振り返ってみよう。

「スケート界のしくじりプリンス」織田信成
フィギュアスケーター・織田信成先生が、数々の大舞台でしくじってきた経験を振り返る。
2009年の世界選手権ではジャンプを1回余計に飛んでしまい減点。メダルを逃す。
2010年バンクーバーオリンピックではフリーの演技中に靴紐が切れ、メダル圏外に。
2009年のグランプリシリーズ中国杯ではチャップリンメドレーを滑り優勝するも、演技中にズボンのチャックが全開。翌日のスポーツ紙には優勝より先に「チャックリン」と書かれてしまう。

メンタルが弱すぎてイメージトレーニングすらあやうい織田先生。ミスをなくすためにはダブルチェックが大事。チャックをチェック!と言おうとして噛んだところで授業は終わった。

ちなみに、織田信成がジャンプを余計に飛んでしまうことはフィギュアファンの間では有名な話。ジャンプが多くて減点されることを「オダる」と呼ぶほどである。

「大事な選択をノリで決めて1人ぼっちになっちゃった先生」ダイヤモンド☆ユカイ
自身の代表曲、RED WARRIORS「バラとワイン」を歌いながら登場。
生徒たちに「有名な曲?」と聞かれても「ロックンロール!」と押し切るユカイ先生。

人気絶頂のバンド時代はやりたい放題だったユカイ先生。ホテルの廊下でボーリングをする。フェスのセットによじ登り感電死寸前になる。ライブ中に火が着いた煙草をポイ捨てし武道館を出禁になる。
ノリについていけないとメンバーが離れ、妻も去ってしまう。生活も質素になり、「正統派のしくじり」(byオードリー若林)を経験。

どん底になったユカイ先生を救ったのはサミュエル・ベケットの言葉「いざ最悪の方へ」。
2つ道があったら最悪の方へ進め、という教えを受け、ロウソク1本の暗い部屋で「悲愴」を聞くなど、とことん落ち込むことにした。
すると、こんな自分がだんだん面白くなってきた。バラエティの仕事も受けるようになった。

「若い頃のしくじりは、人生後半のサビのための前フリ」といい言葉を連発するユカイ先生。
最後に、自分の子供になってほしい職業は「公務員」と言い、ロックは!? との声を背に教室を去った。

ユカイ先生の回は深夜時代の最高視聴率をマーク。しかしスタッフ曰く「なんでか分からない」(3月27日放送より)とのこと。

何が大事かわからなくなってしまった先生」立川俊之
元大事MANブラザーズバンドのボーカル・立川俊之先生。
160万枚の大ヒット曲「それが大事」を24年間歌い続けていたところ、なにが大事なのかわからなくなってしまった。
曲作りもままならぬ生活。自分が作ったハードルを越えられず、「負ける・投げ出す・逃げ出す・信じられない」と歌とは真逆の道へすすむ。

最近のJ-POPの歌詞に「やたらと桜を舞い散らかしやがる」と毒づいたあと、
自身の音楽活動については「歌で伝えことがない」という立川先生。
人生経験を積むと歌詞に共感できなくなってしまう。どうしても陳腐に感じてしまう。
そのため現在はカバーソングを中心に活動。
「もはや作らないって事ですね」と他人事のように漏らし、生徒たちからは「最低」「最低の向こう側」「最低すぎてカッコイイ」と声が飛ぶ。

授業の最後には「Q:結局 何が一番大事?」と「それが大事」のサビが4択になって登場。
信じ抜くことですかね……という生徒たちの予想を裏切り、正解は「どれも大事じゃない」。
「自分にとって何が一番大事か、考えていくこと自体が大事」と締めくくった。

『しくじり先生』は、先生たちのしくじりエピソードに笑っていると、急にいい話になることがある。
しくじっているから、しくじったあとに教壇に立っているから、教訓の説得力もある。
最初は教科書を頼りに進めていた先生が、話しているうちに盛り上がり、自分の言葉で語り始めるのも見どころだ。

ゴールデン一発目の目玉は堀江貴文先生。“世の中ナメすぎて逮捕されちゃった先生”として満を持しての登場である。
他にも“絶頂から転がり落ちた先生”前園真聖、“メンタリストなのにメンタルがボロボロになっちゃった先生”メンタリストDaiGo、”モーニング娘。に全部持ってかれちゃった先生”平家みちよが登場。

深夜からゴールデンへの移動。どうかしくじりませんように。
(井上マサキ)