タバスコ風の辛味調味料『タカネロ』(産直はまなす陸前高田)

写真拡大

 いつの間にやら定番となっている、激辛のとうがらし「ハバネロ」。なんとなく海外のものというイメージも強いが、日本でも生産されている。

 2012年には、震災復興に役立てばと、岩手県陸前高田でハバネロの生産が開始。そのハバネロを原料、タバスコ風の辛味調味料『タカネロ』(産直はまなす陸前高田/60g/500円)が作られている。フェイスブックやツイッターで人気となり、毎年購入するリピーターも多いという。

※女性セブン2015年4月23日号