UAEやウズベキスタンに比べれば、日本は組分けに恵まれた。ハリルホジッチ監督も「良いグループに入った」とコメント。 写真:菅原達郎(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全3枚)

 4月14日、ワールドカップ・アジア2次予選の抽選会がマレーシアの首都クアラルンプールで行なわれた。抽選の結果、グループEに組み込まれた日本は、シリア(FIFAランク126位)、アフガニスタン(同135位)、シンガポール(同162位)、カンボジア(同179位)と同居した。
 
──◆──◆──
 
2018年ワールドカップ・アジア2次予選 兼
アジアカップ2019予選 グループEの顔ぶれ
 
ポット 国名(FIFAランク)
1   日本(50位)
2   シリア(126位)
3   アフガニスタン(135位)
4   シンガポール(162位)
5   カンボジア(179位)
※2次予選は、40チームを5チームずつ8つのグループに分け、各グループでホーム&アウェーの総当たり戦を行なう。各グループの上位1チームと、2位の8チームのうち上位4チームが最終予選に進む。
 
──◆──◆──
 
 日本協会の発表によれば、グループEの4か国との対戦成績は、シリアと7勝1分0敗、アフガニスタンと1勝0分0敗、シンガポールと20勝1分3敗、カンボジアと2勝0分0敗である。
 
 過去4度のワールドカップ出場歴があるサウジアラビアと顔を合わせたUAEや、またバーレーン、北朝鮮といった「今年のアジアカップ出場組」とこのラウンドで戦うことになったウズベキスタンに比べれば、日本は組分けに恵まれたと言える。実際、ハリルホジッチ監督も「良いグループに入った」とコメントしていた。
 
 カンボジアは、FIFAランクで判断すると、2次予選の参加チームでグアムと並ぶ“アジア最弱国”。シンガポールも、アジアカップ2015予選でグループAの最下位に終わったアウトサイダーだ(オマーン、ヨルダン、シリアとホーム&アウェー方式で戦い、1勝5敗)。
 
 またアフガニスタンは、AFCチャレンジカップ2014の準決勝でパレスチナに0-2と敗戦。今年のアジアカップでパレスチナを圧倒した日本にとって、おそらく敵ではないだろう。
 
 ロンドン五輪の最終予選で日本が苦杯を嘗めたシリアにしても、当時の主力メンバーが現代表でプレーしていることから不気味に映るとはいえ、「内弁慶」の感は否めない。アジアカップ2015予選でも、アウェーでオマーン、シンガポール、ヨルダンに全敗。安定感を欠く戦いぶりで、結局は本選に出場できなかった。
 今回の2次予選で着目すべきは、対戦4か国の力量以上にマッチスケジュールだろう。
ちなみに、スケジュールの詳細は以下のとおりだ。
 
──◆──◆──
 
2018年ワールドカップ・アジア2次予選 兼 
アジアカップ2019予選マッチスケジュール
 
Match Day 1     2015年6月11日(木)
アフガニスタン 対 シリア
カンボジア 対 シンガポール
※日本:国際親善試合[日産スタジアム/ナイトゲーム(予定)]
 
Match Day 2     2015年6月16日(火)
シンガポール 対 日本(アウェー)
カンボジア 対 アフガニスタン
 
Match Day 3     2015年9月3日(木)
日本 対 カンボジア(ホーム)
シリア 対 シンガポール
 
Match Day 4     2015年9月8日(火)
アフガニスタン 対 日本(アウェー)
カンボジア 対 シリア
 
Match Day 5     2015年10月8日(木)
シリア 対 日本(アウェー)
シンガポール 対 アフガニスタン
 
Match Day 6     2015年10月13日(火)
シリア 対 アフガニスタン
シンガポール 対 カンボジア
 
Match Day 7     2015年11月12日(木)
日本 対 シンガポール(ホーム)
アフガニスタン 対 カンボジア