「インターステラー」がBD総合首位獲得、今年の洋画作品で最高の出足。

写真拡大

今週発表の最新4月20日付けのオリコン週間総合Blu-ray Disc(以下BD)ランキング(集計期間:4月6日〜12日)では、クリストファー・ノーラン監督、マシュー・マコノヒー主演で「第87回アカデミー賞」の視覚効果賞も手中に収めた映画BD「インターステラー【初回限定生産】ブルーレイ&DVDセット」(4月8日発売/ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント)が、発売初週売上2.6万枚で首位を獲得した。

今年発売の洋画映像作品(DVDも含む)で最高の発売初週売上を記録した前出に続いて、同ランキングの2位には同時発売で数量限定生産の「〜ブルーレイスチールブック仕様」がランクイン(発売初週売上0.8万枚)。

映画BD(邦・洋含む)同一タイトルによる1位、2位独占は、2013年9月16日付けで「アイアンマン3 ブルーレイ+DVDセット」が1位、同じく「〜 ブルーレイ(デジタルコピー付き)」が2位となり達成して以来、1年7か月ぶりとなる。