結婚前、お互いの貯金額は教え合うべき? 「貯金がないのに結婚だけはできない」

写真拡大

お付き合いをしているときは、相手の貯金金額など特に気にならないし、気になったとしても聞いてはいけないと思っている人も多いでしょう。でも、いざ結婚となるとそうはいかないのが現実です。結婚前の相手の貯金額を教え合うべきか、社会人女性に聞いてみました。

Q.あなたは、結婚する前に、お互いの貯金額を正直に教え合うべきだと思いますか?

「思う」52.3%
「思わない」47.7%

およそ半数ずつに分かれる結果となりました。それぞれの理由を見てみましょう。

<「思う」と答えた人の意見>

■将来設計を考える

・「人生設計に大事なのでは? 自分は、あまり言いたくないのが正直なところだけど」(31歳/学校・教育関連/技術職)

・「貯金がないのに結婚だけはできない。お金がかかるから」(25歳/不動産/事務系専門職)

言いたくなくても言わなければ2人の未来が見えないという意見です。実際に生活をしていくのにはお金がかかるのが現実。先立つものがなければ結婚も遠のいてしまうという人もいます。

■隠し事はトラブルのもと

・「結婚式のときに相手に貯金がなくて大変だった」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「私は貯金がないので、旦那さんになる人がもしできたら、絶対にないことを正直に打ち明け今後の生活をどうするか相談します。それで結婚を断られても仕方ないと思います」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

夫婦一緒に生活をしていく中で、言わなかったがためにトラブルに見舞われるということは多くあります。貯金があると思っていたのになかったときの衝撃はそれなりに大きいものが……。

<「思わない」と答えた人の意見>

■結婚前と結婚後は別

・「独身のときのものは個人資産だから」(29歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「大学の先生にそう言われたから」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

法律的な分野で物事を考えると、結論としては結婚前に築いた資産を共有する必要はないので、特に教える必要はないと考えている人もいます。結婚後に2人で築いていくものが2人の資産になります。

■へそくりも大切

・「多少はへそくりとしてとっておいてもよいと思う」(32歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)

・「けっこうあるので言いたくない」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

おもしろいのは、貯金がある人ほど言いたくないという人が多いことです。やはり相手に金銭面で頼られることを危惧しているよう。結婚後に自由に使えるお金もある程度は必要なので、へそくりとしてとっておきたいという人も。

結婚のときにお金のことでもめるのは避けたいところです。いざというときに相手の懐に頼ってばかりということのないように、独身のときから資産管理はしっかりと行うにこしたことはありませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年4月にWebアンケート。有効回答数214件(22歳〜34歳の働く女性)