W杯2次予選組み合わせ決定!!日本はシリア、アフガニスタン、シンガポール、カンボジアと対戦

写真拡大

 2018年ロシアW杯アジア2次予選の組み合わせ抽選会が14日、マレーシア・クアラルンプールで行われた。

 9日に発表されたFIFAランキングによって前もってポット分けがされており、日本は第1ポットに振り分けられていた。

 抽選の結果、日本はシリア、アフガニスタン、シンガポール、カンボジアと同組のグループEに決まった。

 2次予選は1次予選から勝ち上がった6チームを加えた計40チームが8組に分かれて対戦。ホーム&アウェー方式の総当たり戦を6月から来年3月にかけて行い、各組1位8チームと各組2位のうち成績上位4チームの計12チームが来年9月から行われる最終予選へと進む。

▽グループA

UAE(68)

サウジアラビア(95)

パレスチナ(140)

東ティモール(152)

マレーシア(164)

▽グループB

オーストラリア(63)

ヨルダン(103)

タジキスタン(143)

キルギス(153)

バングラデシュ(167)

▽グループC

中国(82)

カタール(99)

モルジブ(141)

ブータン(163)

香港(167)

▽グループD

イラン(40)

オマーン(97)

インド(147)

トルクメニスタン(159)

グアム(175)

▽グループE

日本(50)

シリア(126)

アフガニスタン(135)

シンガポール(162)

カンボジア(179)

▽グループF

イラク(86)

ベトナム(125)

タイ(142)

インドネシア(159)

チャイニーズ・タイペイ(179)

▽グループG

韓国(57)

クウェート(127)

レバノン(144)

ミャンマー(158)

ラオス(178)

▽グループH

ウズベキスタン(73)

バーレーン(108)

フィリピン(139)

北朝鮮(157)

イエメン(170)

()内は4月発表の最新のFIFAランキング


●ロシアW杯アジア2次予選特集