軽失禁経験で「ライフスタイル上の変化があった」4割あまり

写真拡大

エリエールブランドを展開する大王製紙では、軽失禁ケア商品「ナチュラ さら肌さらり」のパッケージリニューアルを期に、30〜40代の子どもがいる女性を対象に「軽失禁」に関するアンケートを実施、その調査結果を発表した。


なお「軽失禁」とは、咳やくしゃみをした時、重いものを持ち上げた時、身体を動かした時など、尿意がないのに少し尿が漏れてしまうことを指す。調査対象は軽失禁経験アリの30〜40代ママ500名。

「軽失禁経験後、誰に相談しましたか?」という質問については、「誰にも相談しなかった」という回答が67%と最も多く、そのほか相談したという回答者は相談相手(複数回答)に、「友人・知人」(15%)、「母」(12%)、「夫」(10%)、「姉妹」(5%)、「医師」(5%)をあげたが、いずれも少なく、一人で悩んでいる状況が垣間見られる結果となった。

話題にしづらいこともあり、初めての軽失禁がもたらす心の変化の大きさもうかがえ、回答者の44%が「ライフスタイル上の変化があった」と回答。具体的には、「咳やくしゃみに敏感になった」(32%)というポイントが多くあがったほか、下着選びの変化についても回答がみられ、「下腹部をカバーする大きめの下着を選ぶようになった」「吸水性の高い素材を選ぶようになった」「汚れてもいい下着をつけるようになった」といった声があげられた。

一方で軽失禁経験後の対策については、41%が「対策は特に行っていない」と回答、対策をしている女性の中で「軽失禁用ケア商品」を使用している回答者は16%であった。

なお、同社がリニューアル新発売する「ナチュラ さら肌さらり」では、超微量用「吸水パンティライナー」のパッケージにマタニティマークを採用。妊娠・出産を機に軽失禁を経験する方にも分かりやすく手に取りやすくしたことが特徴となっている。

ナチュラ|エリエール
http://www.elleair.jp/natura/