4月7日から6日間の日程で開催された競泳日本選手権。期待された男女のエース、萩野公介(東洋大)と渡部香生子(JSS立石)はそれぞれ4冠獲得を果たしたが、ともに苦しさを味わう戦いだった。

「自分の中ではここ2年間の日本選手権は調子がよかったので、状態が悪い中でも日本選手権になれば気持ちも盛り上がって来るだろうし、速く泳げるだろうなと過剰に考えていた部分はあります」と言って苦笑した萩野。

 大会初日の400m自由形決勝は、2位に3秒39の大差をつける圧勝ながらも首をひねった。200mまでは自身が持つ日本記録より0秒79速いタイムで通過し、300mでもまだ0秒08上回っていた。だがラスト100mが伸びず、日本記録には1秒29及ばない3分45秒19に止まったからだ。

「最初から上半身はリラックスしていて、キックも入っている状態で泳いでいたので、いい感じかなと思っていました。途中200〜300mのラップが落ちた気がしたけど、最後はそのペースよりあげられた感覚があったので、タイムを見て『アレッ?』と思いました。前半を1分50秒台で泳げたのは初めてだったので、トータルタイムはもう少し欲しかったですね」

 こう話した萩野の不満気な表情はその後も続いた。大会3日目(9日)、200m個人メドレーの予選と準決勝を泳いだあとに行なわれた、200m自由形の決勝でも、前半の100mは日本記録を上回るペースで泳ぎながら、結果0秒59遅れる1分45秒82で優勝。

「ラスト50mが26秒5なので、そこが25秒台だったら日本記録くらいは行っていた。でも1分45秒8ならオッケーラインかなと思う」と若干盛り返していた。

 しかし、翌日の200m個人メドレー決勝では「背泳ぎと平泳ぎがパッとしなかったので、それが影響して最後の自由形もそんなに伸びなかった。スピードが乗った状態で前半を楽に泳いで、後半の粘りにつなげるというのは基本的なレースの流れだと思うけど、なかなかスピードが上がらないのでモヤモヤ感が残っている」と話し、瀬戸大也(JSS毛呂山)をわずか0秒52上回る1分56秒30での優勝となった。

 昨年12月のイギリス短期留学中に肩を痛め、帰国後も全力で泳ぐことができず、2月からのフラッグスタッフ(アメリカ)の高地合宿も、だましだましだった。

 平井伯昌コーチは「萩野の場合は超人的な練習メニューをこなせるので、普段は他の選手と一緒には練習ができない。でも今回は肩の故障があったので、他の選手と同じくらいの練習しかやらせられなかった。最後の最後になってだいぶよくなってきたが、大会に入ってからの200m個人メドレーで泳ぎが急に悪くなったように、ウォーミングアップ中でも泳ぎが大分変わってしまい、去年のようなストロークが安定する部分が少なかった」と今大会を振り返った。

 そんな不安もあったが、最終日の400m個人メドレーは勝負に徹した。バタフライで先行した瀬戸を得意の背泳ぎでわずかにかわし、平泳ぎで再逆転を許しても動じなかった。「平井先生には、300mで(瀬戸)大也が先にいても慌てずに泳げと言われていた」と、最後の自由形で突き放し、4冠を達成した。

「今大会はなかなかいい泳ぎができなくて、自分でももどかしい部分があったけど、最後の400m個人メドレーに関してはレースをしながらしっかりと泳ぎのことを考えられて、今までの中で一番いい泳ぎができたと思います。特に苦手な平泳ぎはラストの自由形のためにパワーを残すような感じで泳いだけど、その割にラップタイムも全力で行った時と1秒も差がない1分11秒69で行けた。大也のストロークが速いのを見て、最後はきつくなるかなと冷静に判断できた。記録的にもまあまあ合格点だと思うけど、まずは練習からいい泳ぎをして、そのままレースでもやっていかなければいけないというのを今回感じることができました」

 肩痛の影響もあり、冬場は思うような練習ができず、いい泳ぎで長期間練習を積めなかったことが今回の記録に表れたと素直に認める止める一方で、萩野は「悪いなかでも1日ずつ調子を上げられて行ったかなと思うし、今年の世界選手権や来年の日本選手権、リオデジャネイロ五輪へ向けては、ひとつのいい練習になったかなと思います」とも語った。

 また平井コーチは「萩野に合う練習で世界一を目指さなければダメ。これまで多種目を泳いでいて400m個人メドレーではどんな形のレースが一番最適かをなかなか試せなかったが、6月のヨーロッパGPでは200m個人メドレーも含めて短期間で3回泳ぐことができる。そこでいろいろ試してみることができるので、それが大きなカギになると思う」と、7月の世界選手権へ向けての抱負を語った。

 一方、大会初日の女子50m平泳ぎを初制覇し、女子では02年の萩原智子以来の4冠を達成した渡部も、体調不良や連覇へのプレッシャーで苦しんだ。

 初日の50mで日本記録にあと0秒03まで迫る31秒07で優勝し、「ウエイトトレーニングを始めているのでその効果も出て、練習でもいいタイムで泳げていた」と笑顔を見せていたが、9日の100m平泳ぎでは目標にしていた自身の日本記録1分05秒88には届かなかった。

「前半をあと0秒1くらい速く入りたかったが、後半も少しバテてしまった。最後はタッチを合わせようとして少し急いだ感じになってしまったのもよくなかった」と不満の表情を見せた。

 指導する竹村吉昭コーチも「元々キックがある程度かかりながら前へ進むのが持ち味なので、その比率を変えないで腕の掻きをうまく使えればと腕の強化をしているが、今日のレース後半は逆に腕の方が先にいってしまった感じになった」と語った。

 10日の200m個人メドレーでは「今日のレースは午後の1本だけだったのでしっかり集中して前半から速く入れた」と、昨年のアジア大会でマークした日本記録を0秒77上回る2分09秒81の日本新を出して優勝。

「まだこの記録だと世界選手権に出ても決勝に残るだけで終わってしまうので、夏に向けて2分9秒台前半を出せるようにしたい」と意欲を口にした。

 「こんな長い期間の大会は初めてなので」と言うように、連日レースを重ねた疲れと、自身が最も重要と意識している200mを迎えて連覇と4冠へのプレッシャーが襲いかかってきた。「自分にとって嫌なこともあって、気持ちがすごく落ち込んでしまってつらかった」という11日は、予選と準決勝では記録を伸ばせず、ともにトップ通過した中学3年の今井月(本巣SS)にも遅れをとる結果となった。

 だが最終日の決勝では最初から積極的に突っ込み、自己ベストの2分20秒90で泳ぎきり、2位の金藤理絵(Jaked)に1秒差をつけて圧勝した。

「前半ちょっと頑張ってしまったのがラストに影響したかなというのはあったけど、世界で戦うにはあのくらいのタイムで入らなければいけないので......。200mは一番結果を出したい種目なので精神的にも追い込まれてしまったけど、こうやって壁を乗り越えられたことでまた強くなれたのではと思います」と話す渡部は、最後の最後で世界選手権へ向けて弾みをつけるレースを見せてくれた。

 苦しみながらも4冠を達成した萩野公介と渡部香生子。ふたりには確かな成長を感じた。また、リレーで代表入りした中学3年生の池江璃花子と、高校1年生の持田早智ら新世代の台頭もあった。

 しかし、全体的に言えば、個人種目で派遣標準を突破したのは男子9名、女子4名。日本水泳連盟の上野広治競泳委員長は、「自己ベストを出せなかった選手も多く、近年の世界選手権や五輪と比べて低調だったのは否めない」と話した。特に400mリレーで派遣標準設定をクリアできなかった男子自由形短距離への不満は大きい。

 あえてピークを日本選手権に持ってこなかった選手もいるが、水泳はメダル有望種目だからこそ萩野と渡部以外の若手選手には、今年の世界選手権に限らず、その先にあるリオ五輪に向けて、今大会の結果に危機感を持って更なる高みを目指してほしい。ふたりのエースの4冠達成は、裏を返せば"ライバルたちの伸び悩み"を意味しているのだから。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi