長崎や鹿児島でひょう 15日にかけて東日本でも注意が必要

ざっくり言うと

  • 14日夕方、長崎市で直径8ミリ、鹿児島市でも直径5ミリのひょうが降った
  • 前線を伴った低気圧や真冬並みの寒気の影響で大気の状態が不安定となった
  • 15日は東日本でも、ひょうや落雷、竜巻などが発生する恐れがある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング