GACKTがパリの「差別事件」を振り返る 「平等と公平」は違う

ざっくり言うと

  • GACKTがブログで14日、自身が体験したパリでの出来事を振り返った
  • タイトルを「平等と公平」とし、平等と公平の意味の違いを切々と説いた
  • この出来事を、単なる「差別問題」と捉えられたことが不本意だったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング