パッケージも昔懐かしさを演出

写真拡大

日清食品は2015年4月6日、「日清焼すぱ 下町ナポリタン」を発売した。

「フライパンで炒めたような、香ばしい庶民的なB級焼すぱ」がコンセプトの新シリーズ。老若男女に愛される人気メニュー「ナポリタン」をカップで再現したが、そのお味は残念ながら不評のようだ。

「わざとらしい風味が実にいい」高評価も

もっちりとした食感の太ストレートめんによく絡む、トマトケチャップの甘みとフライパンで炒めたような香ばしさが特長のナポリタンソースで、昔懐かしいナポリタンの味わいを表現したという。

ツイッターを見てみると、人気メニュー「ナポリタン」のカップ化とあって、発売早々試してみた人は多いようだが、味の感想は

「やや甘ったるい感じがしてイマイチだった」
「妙にソースが甘すぎ」
「くっそ甘かったorz私には合わないようだ」

など芳しくない。商品の特長の「甘さ」が舌に合わないという人が多いようだ。

一方、

「美味かった」
「焼き炒めた感を出すために後入れ調味油についてる人工スモーク風味がわざとらしい。実にいい」
「リピーターになるかも」

と高評価も。B級グルメが好きという人は試してみてもよさそうだ。

価格はオープン。