誕生60周年「ミッフィー展」 ズングリした初期ミッフィーも登場

写真拡大

4月15日(水)より、東京・銀座の松屋銀座にて、2015年に誕生60年を迎えるミッフィーの展覧会『ミッフィー展』が開催されうる。

ミッフィーは、オランダの絵本作家・ディック・ブルーナが1955年に生み出した白いうさぎのキャラクター。本国では「ナインチェ(NIJNTJE)」と呼ばれるこのキャラクターは、日本では「ミッフィー」「うさこちゃん」の2つの呼称で呼ばれており、世代を超えて世界中で愛されている。

会場には、今よりもズングリとした“ファースト・ミッフィー”の原画、約300点にもおよぶ絵本の原画やスケッチ、作者・ブルーナが描いた油彩画、奥さんのために描いた「朝食メモ」、ミッフィー以前に出版した絵本などが登場。ミッフィーの60年の歩みをたどる展覧会となっている。

『ミッフィー展』は、2015年4月15日(水)〜5月10日(日)まで、松屋銀座8階イベントスクエア(東京メトロ銀座駅直結)にて開催。開場時間は10:00〜20:00(最終日は17:00まで)。入場料は一般1000円。なお同展は、青森(青森県立美術館)、神戸(大丸ミュージアム)、福岡(福岡三越)、名古屋(松坂屋美術館)、梅田(大丸ミュージアム)、島根(島根県立石見美術館)を巡回する。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです