現代アートや映像作品、音楽イベントも!六本木アートナイト 2015開催

写真拡大 (全2枚)

美術館やギャラリーで鑑賞するのが普通の芸術作品。でも、六本木には年に1回、エリア全体でアートを楽しめる夜があること、知ってた? この夜なら非日常的なアート体験ができそう。

2015年4月25日(土)から26日(日)にかけて開催される「六本木アートナイト 2015」は、六本木の街を舞台に、現代アートやデザイン、音楽、映像、パフォーマンスなどがあふれる一夜限りのアートの祭典。

今年で6回目を迎えるアートナイトは、2013年からアーティスティックディレクターを務めるアーティストの日比野克彦さんに加え、新たにメディアアートディレクターとして、Perfume(パフューム)のライブ演出なども手がける、ライゾマティクスの齋藤精一さんを起用。「現代の東京、これからの都市を考える上で外せない“テクノロジー”や“メディアアート”の可能性をさぐるために、今回は齋藤さんにお願いしました。参加型のアートもたくさんありますので、ぜひご一緒に楽しんでください」と、PR担当さん。

今年のテーマは「ハルはアケボノ ひかルつながルさんかすル」。そのテーマを象徴するのが、光る大型アートトラックで、東京ミッドタウンに常駐する「ハル号」と六本木エリアを回遊する「アケボノ号」というLEDを搭載した2台。ハル号は、東京のさまざまな情報をディスプレイ表示するほか、スマホで入力した文字なども表示される仕掛けに。また、アケボノ号は、巨大なミラーボールを搭載して、六本木の街中でライブやパフォーマンスを展開するそう。
今年は初めて、プログラムの公募「オープン・コール・プロジェクト」を行い、採用された作品が街中に展示される。例えば、工事に使う円錐形のカラーコーン「パイロン」が人の動きに合わせて変化する「KAWAT Tower」や、参加者がレゴを加えることで完成する「結びつく街」など、参加できるアートがいろいろ。

周辺にある森美術館やサントリー美術館、国立新美術館、21_21 DESIGN SIGHTなどでも、当日参加できる無料の特別プログラムがあるので、こちらもチェックして。春はあけぼの(明け方)もいいけれど、夜もアートな気分で楽しんでみては?

画像:「六本木アートナイト2015」メインビジュアル