写真提供:マイナビニュース

写真拡大

4月3日よりテレビ東京系6局ほかにて放送がスタートした特撮TVドラマ『牙狼-GOLD STORM-翔』の先行上映会が10日、東京・台場のシネマメディアージュで行われ、キャストから栗山航、南里美希、井上正大、松野井雅、桑江咲菜、中島広稀、脇崎智史と、雨宮慶太監督が登壇した。

『牙狼-GOLD STORM-翔』は、2005年より続く特撮ドラマ『牙狼』シリーズの最新作。「黄金戦士ガロ翔」となった道外流牙と莉杏が、復活間近となった伝説の魔城・ラダンを封印するための戦いが描かれる。雨宮監督によれば本作は「より連続活劇であることを意識しました。流牙と莉杏の話をずっとやりたかった」という。

今回のシリーズでは流牙と莉杏、謎の青年ジンガと謎の美女アミリという対になる存在が重要な役割を果たすようで、流牙役の栗山は「流牙と莉杏ふたりの距離感を見てください」、莉杏役の南里は「今回バトルのコンビネーションを大事にしています。バトルのおかげで(栗山と)仲良くなれました」と、それぞれに見どころをアピール。ジンガとアミリについてはまだ謎に包まれているためネタバレになる言及は避けていたが、アミリ役の松野井は「監督からは妖艶な表情やたたずまいが大切だと演出していただいています」と語り、表情や脚を出す所作などに気をつけているという。ジンガ役の井上は以前撮影現場の見学中に雨宮監督にサインをもらいに行ったことがあり、その後監督から出演オファーが来たエピソードを明かしていた。

舞台あいさつで会場を笑わせ通しだったのが秋月ダイゴ役の脇崎。流牙と莉杏、ジンガとアミリがペアなことに対抗意識を燃やし、「ガルドとダイゴの関係がどうなっていくのか」と隣の中島演じるガルドとの関係を捏造すると、監督とキャスト陣からは総ツッコミが。一見寡黙そうな外見の脇崎が「見どころはだんだん監督に近づいてきたヒゲです」と語ったり、大量の汗をおもむろに『牙狼』タオルで拭き始めたりして場をさらっていた。

締めのあいさつで栗山は、「このドラマで栗山航の全てを出そうと思った作品です。最後まで見届けてもらえたらと思います」とアピール。雨宮監督は「流牙と莉杏が回を追うごとにいい顔になっていくのを見てください。実は今日も撮影があったので、今日は(キャストが)みんな作中と同じたたずまいで、今日のお客さんはラッキーだと思います。皆さんの応援や満足した顔が『牙狼』の制作の原動力です。最後まで見てもらえたらきっと何かが残る作品だと思います」と締めくくった。

TVシリーズ『牙狼-GOLD STORM-翔』は4月3日よりテレビ東京系6局、スターチャンネル、ファミリー劇場にて放送中。

(C)2015 雨宮慶太/東北新社

(中里キリ)