写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●特別養子縁組とは?日本でも“養子”という制度は古くから行われてきた。ただし、そのほとんどが「普通養子縁組」。一方、養子には「特別養子縁組」もある。4月4日、渋谷ヒカリエのヒカリエホールBにて、特別養子縁組についての理解を深めてもらうためのイベント「4月4日養子の日キャンペーン 〜大人たちから子どもたちへ 『家庭』という贈りもの〜」(主催:日本財団)が開かれた。会場には約250人の参加者が訪れ、出演者の熱いメッセージに耳を傾けていた。

イベントは午後1時、一般社団法人ベビー&バースフレンドリー財団代表理事の大葉ナナコ氏の総合司会でスタート。まずは当イベントの主催団体である日本財団の理事長・尾形武寿氏が登壇し、「子どもは両親と一緒に生活するのが望ましい。しかし、何らかの事情で親と一緒に暮らせない子どもたちもいる。いま日本では、こうした子どもたちが約4万人いるが、養子縁組を経て一般家庭に引き取られたのは(2012年時点で)わずか1%、400人程度にすぎない。日本中でこうした子どもたちを大事にしていこうという大きなうねりを起こし、子どものための社会をつくっていきたい」と挨拶した。

ところで、いわゆる養子の制度には「普通養子縁組」と「特別養子縁組」があるが、両者はどのようにちがうのか? 一般的にいう“婿養子”や家の跡取り、再婚に伴う連れ子の養子などは普通養子縁組に該当する。一方、特別養子縁組は、養子にできるのは6歳未満とされており、これは何らかの事情で産みの親の元で暮らすことができない子どもに永続的な家庭を提供するための「子どもの福祉」を目的としている。 このほか、普通養子縁組は、戸籍に「養子」あるいは「養女」と記載され、親子関係も産みの親・養親ともに認められている。一方、特別養子縁組の場合、戸籍には実子と同様(たとえば「長男」「長女」など)に記載され、養親のみが“親”となり産みの親との法律上の関係は消滅する(ただし、戸籍には「民法817条の2による裁判確定日」などが表記され、子どもの出自を知る権利は守られている)。特別養子縁組という制度は、残念ながらこの日本でまだまだ浸透しているとはいいがたい。それを周知させ、理解を深めようという目的で開催されたのが、今回のイベントなのである。

次いで登壇したのは、女優・タレントのサヘル・ローズ氏。「かぞくに、なる。」と題して講演を行った。サヘルさんは、まず“戦争孤児”として暮らしてきた自らの歴史を語った。イラン・イラク戦争(1980〜88年)のさなかにイランで生まれたサヘルさん。12人きょうだいの末っ子だったが、空爆により両親ときょうだいをすべて亡くしている。「戦争や紛争で親を亡くした子は、私もそうですが、自分の本当の名前を知りませんし、本当の年齢、誕生日も知りません」とサヘルさん。4歳で養護施設に入った頃は、「お母さんみたいな人を求めていた」という。

7歳のとき、サヘルさんの前にひとりの女性が現れた。「天使だと思った。初めて見た彼女のことを、お母さんと呼んでしまった」。その瞬間、女性はサヘルさんを引き取ろうと決意。サヘルさんは、“血のつながりがない母”の子になった。「ほしかった家族を、やっと手に入れることができた」とサヘルさんは振り返る。その後、母とともに来日。サヘルさんいわく“給食のおばちゃん”をはじめ、さまざまな日本人と出会い、支えられて、今日に至る。家族を求め続け、7歳にして養子という形で家族を手にしたサヘルさん。「日本もひとごとではない」と続ける。

「母とは血のつながりはないけれど、心と心がつながっている。彼女と出会ったことによって、帰れる場所ができた。ただいま、おかえりなさいと言ってもらえるのは幸せなこと。いま施設で生活している子どもたちひとり一人に、血のつながりはなくても家族として生きることができると伝えたい」と語った。

●家族をテーマにした映画も上映続いて、トークセッションI「『こうのとりのゆりかご』と赤ちゃん縁組」がスタート。Part1ではサヘルさんの進行のもと、赤ちゃんポストで知られる「こうのとりのゆりかご」を展開する慈恵病院(熊本)の理事長・院長である蓮田太二氏、元同病院看護部長・相談役の田尻由貴子氏が登壇した。蓮田氏は「こうのとりのゆりかご」を作ることになったきっかけは2004年にドイツ視察で見た赤ちゃんポストであったとし、「ドイツでは、預けられた赤ちゃんが施設ではなく、みんな家庭で育つということになっており、それが心に響いた。日本では施設で育てるのが当たり前になっているが、赤ちゃんは家庭で育てることがとても大事。特別養子縁組により、養子を希望するご家庭で子どもをしっかり育てるほうがいい。社会や行政が、その大切さを理解してほしい」と述べた。

田尻氏は「預けにくる親は、20歳未満が20%、20代が43%。中学生、高校生、専門学校生などが妊娠してしまう現実がある。背景は人それぞれで、妊娠してしまった人を責めないのが大事。本人がいちばん心を痛めているので、すべてを受け入れ、親身になって聴き、共感する。子どもは(特別養子縁組を活用し)どんな事情があっても、家庭で愛情深く育てられるのがもっとも大事」だとした。

Part2ではNPO法人ファザーリング・ジャパン、タイガーマスク基金代表理事の安藤哲也氏、元愛知県児童相談所職員の矢満田篤二氏、そして実際に養子縁組で家族を持った当事者である大木愛氏が登場。まず安藤氏が父親の育児参加の重要性を指摘し、「自分の子どもだけが幸せな社会はない。自分の子どもを幸せにしたいなら、地域で困っている子どもたちや親たちに手を差し伸べて、共に生きていくことが必要」と述べた。矢満田氏は、赤ちゃんを施設に入れずに直接養親に託す「愛知方式」の取り組みを始めた人物。特別養子縁組を先頭に立って推進してきた立場から、これまでの特別養子縁組の事例を紹介した。大木氏は、産みの親と養親への感謝や、真実告知(子どもに養子であることを知らせること)について経験を語った。

トークセッションII「子どもを迎えて」では、安藤氏の司会のもと、特別養子縁組を行った2組の親子が登壇。養子縁組をしたきっかけ、周囲が好意的にとらえて応援してくれていること、真実告知の準備などについて語った。父親のひとりは「やっぱり親ばかになる。愛情を込めて育てるのがいちばん。本当に家族になったという実感がある」、もうひとりの父親は「この子がきて、自分たちふたりはもちろん、自分たちの両親も含めて、みんなが幸せをもらっている。特別養子縁組というが、特別なことをしているつもりはない。世の中に普通にある選択肢になっていくといいと思う」と述べた。

イベントの最後に、血のつながらない家族、障害のある子どもを持つ家族など、家族のつながりをテーマとした映画「うまれる ずっと、いっしょ。」の監督である豪田トモ氏とサヘルさんの対談が行われた。豪田氏は、「今回の映画では、家族ってどうやってつくっていくのか、血のつながりとはなんなのか、というところをご覧いただけたらうれしい。キーワードは『向き合う』。血がつながっていようがなかろうが、向き合うことが、人生にとって大切」と、映画に寄せる想いを語った。

イベントの終了後、映画「うまれる ずっと、いっしょ。」が上映され、4時間に及ぶイベントは盛況の中で幕を閉じた。