気象庁によると、低気圧が発達しながら北海道の南岸を通過するため、23日夜遅くにかけて、北陸地方や北日本を中心に西よりの風が非常に強くなり、24日明け方にかけて沿岸の海域で大しけとなる見込み。同庁では暴風と高波に警戒を呼び掛けている。

 予想される最大風速は北陸から北日本にかけて、陸上で15〜20メートル、海上で20〜25メートル。波の高さは、北陸地方と北日本の日本海側、太平洋側で5〜8メートルの見込み。

 また、北海道の南部を中心に強まっている降雪は23日夜にかけて続き、その後北日本が冬型の気圧配置となるため、北日本の日本海側を中心に雪が降る見込み。24日午後6時までの24時間に予想される降雪量は、北海道の多いところで20〜30センチで、大雪や暴風雪による交通障害、着雪に警戒を呼びかけている。積雪の多い傾斜地では雪崩にも注意が必要という。【了】