『バクマン。』ティザービジュアル ©2015 映画「バクマン。」製作委員会

写真拡大

大根仁監督の映画『バクマン。』からティザービジュアルが公開された。

【もっと大きな写真を見る】

ティザービジュアルでは、「描く。」「ジャンプの頂点へ。」というコピーとともに、佐藤健が演じる高い画力を持つ高校生漫画家・真城最高と、神木隆之介が演じるクラスメイトで、最高とコンビを組む高木秋人の姿を確認することができる。さらに、原作の作画を担当した小畑健が今回のために描き下ろしたという最高と秋人のイラストも写し出されている。同ビジュアルを使用した映画のチラシは、4月18日から全国の映画館で掲出される予定だ。

10月3日から全国東宝系で公開される『バクマン。』は、大場つぐみが原作、小畑健が作画を手掛け、2008年から『週刊少年ジャンプ』で連載された同名漫画の実写映画版。高い画力がありながらも将来に夢を持たず、平凡に生きる高校生・真城最高が、クラスメイトの亜豆美保への恋心をきっかけに高木秋人とコンビを組み、『週刊少年ジャンプ』での連載獲得を目指して奮闘する姿を描く。美保役を小松菜奈が演じるほか、桐谷健太、新井浩文、皆川猿時、宮藤官九郎、山田孝之、リリー・フランキー、染谷将太がキャストに名を連ねている。