アイスクリーム製造販売などを手がけるビー・アール サーティワンアイスクリーム<2268>が23日に発表した04年12月期単体決算によると、当期利益が前年比50.8%増の6億円だった。創立31周年記念のキャンペーンやテレビCM効果に猛暑も重なり、7月の既存店売上げが4割増となったことが大きい。

 店舗展開も順調で、通年で137店が新規出店した結果、売上高は同24.4%増の91億円、営業利益は26.9%増の11億円、経常利益は49.2%増の11億円だった。

 05年12月期の業績予想は、今期もショッピングセンターを中心に100店舗以上の出店を計画しており、売上高は20.6%増の110億円、経常利益は21.8%増の14億円、純利益は25.6%増の7億円の見込み。【了】