タモリ

写真拡大

12日放送の「ヨルタモリ」(フジテレビ系)で、タモリが宮沢りえの胸を、独特な言い回しで絶賛する一幕があった。

同番組では架空のバー「WHITE RAINBOW」を舞台に、宮沢が扮するママと、タモリ含む常連客とゲストがトークを展開する。この日、タモリは岩手県でジャズ喫茶を営む「吉原さん」として登場した。

放送では、ゲストの木梨憲武が海外での出来事を話していた。バルセロナにはヌーディスト・ビーチがあり、そこにトップレスの女性がいたという。この話題にタモリは「外パイでしょ?」と興味がないようす。

タモリは外国人女性の胸を「外パイ」、日本人女性の胸を「内パイ」あるいは「邦パイ」と呼んでいるそうで、木梨が「外パイだめですか?」と聞くと、「外パイあんまり価値ねえな」「オッパイとしての存在の儚さとか恥ずかしさがない。オッパイで何が悪い?って居直るような」と持論を唱えた。

一方で「内パイ」については「すいません…本当に見ないでください」といった慎ましさがあると説明。大きさの問題ではないそうだ。

そこで木梨が宮沢を指し、「りえパイなんか若いころ…美しいラインで」と、タモリに感想を求めた。宮沢は18歳のとき、ヘアヌード写真集「Santa Fe(サンタフェ)」を発売し、大ベストセラーを記録している。

タモリは宮沢の胸について「あれはいいとこ取りしてますよね」と評価し、「内パイ寄りの外パイのエッセンスがちょこっと入ってる」「でも基本は内パイなんだよね。新しかったよなあ」と熱弁を奮った。

宮沢は恥ずかしそうに顔を隠し、木梨は「その通りだと思います」「そこを語らせたら吉原さんってスゴいね」と感心していた。

【関連記事】
宮沢りえが「下ネタ好き」を公言「下ネタには罪がないし、だれも傷つけないから」
宮沢りえの「ヌルヌル」発言にタモリがニヤリ「最近ね、下ネタ言うんですよ」
宮沢りえ、ヌード写真集「Santa Fe」秘話を明かす「学級文庫にもなっていたらしいですよ」