2018年平昌五輪に向けて本格始動のシーズンとなったフィギュアスケート14〜15シーズンが幕を閉じた。ソチ五輪世代のトップスケーターが引退や休養に入る中、平昌五輪で活躍が期待される新世代の若手スケーターたちが台頭。いま10代の選手たちはこの数年でどんな成長を遂げるのか。光りを放ち始めた有望株たちの魅力と今後の課題を、元国際審判員で解説者の杉田秀男氏に聞いた。

 杉田氏は開口一番、現在のジャッジングシステムの下では、若手もベテランも「技術やプログラムの出来などのレベルにおいてはもはや差がない」と語る。

「年々技術面はレベルアップしていますけれど、今シーズンを見ると、ジュニアとシニアの境がどんどんなくなってきているなという感じがしました。これまでもジュニアの選手は、ジャンプとかスピンとか、ひとつひとつのエレメンツに関してはシニアと変わらないぐらいうまくなってきていたんです。ただプログラム全体の構成とか、スケーティングの質の面とか、様々な完成度という点でかなり差がありました。その差がどんどんなくなってきた感じがします」

 特にジュニアのレベルが上がったのが女子。ソチ五輪に向けた積極的な強化策を敷いたフィギュア王国ロシア勢の若手台頭が契機になったという。ジャンプやスピンなどのエレメンツについては、徹底した練習でほとんどの選手が基本を忠実にこなす。その上で、バレエの国としての伝統もあり、芸術的な表現面でも高い水準をジュニアレベルですでに身につけている。しかも選手層が厚く、国内でライバルたちと代表のイス取り争いにしのぎを削らなければならない環境の中で切磋琢磨してきた。

 その代表的な選手が、ソチ五輪団体でロシアの金メダルに貢献したユリア・リプニツカヤだろう。15歳ながら抜群の表現力とプログラムの完成度の高さはシニア勢を震え上がらせるものだった。そしてそんな質の高いロシアの若手の台頭に、刺激を受けた日本や北米のジュニア選手たちが出てきた。

「ロシア以外の各国の若手選手たちは、これまで通りやるだけでは上へ行けないとすごく感じたと思うんです。それは選手だけじゃなくて指導者側も、です。コーチや連盟の役員が、そういうことに関して意識を非常に高く持つようになった。それが結果的に日本の女子ジュニアのレベルを上げた原因だと思いますね。そのジュニアがシニアの中に入ってくる。極端に言うとノービス(ジュニアの下のカテゴリー)からもうジャンプアップしてくるような子が出てきているわけです」 

 ただ、女子は成長期の10代後半にさしかかると身体的に大きく変化し、それが競技者としての活動にマイナスに働くことが出てくる。前述したリプニツカヤは2シーズン前に14歳で鮮烈なシニアデビューしながら、今季は精彩を欠く演技でロシアの国内選手権で9位に沈み、世界選手権などの代表にも選ばれなかった。ジュニアからシニアに上がった後も、うまく順応した浅田真央やキム・ヨナは例外中の例外なのだ。

 今季、ついに全日本女王になり、世界選手権でも銀メダルに輝いた宮原知子は17歳。子どもから大人に成長するこの1、2年が、いろいろな意味で勝負のシーズンになるに違いない。まだ、ジュニアながらシニア顔負けのスピードとジャンプで活躍する14歳の樋口新葉をはじめ、有望なジュニア勢が猛スピードでその背中を追いかけてきている。

「女子の試合はものすごくハードルが高くなってきましたね。ジュニアグランプリや世界ジュニアでも上位を占めたのはやはりロシア勢でしたが、世界ジュニアでは樋口新葉も頑張って表彰台に上がるなど、日本勢が3位、4位、6位でした。ロシアに次いで層の厚い日本のジュニア選手たちが刺激し合って、それが功を奏していると言っていいと思います」

 そんな素質ある若手選手たちが、平昌五輪でメダル争いをする実力をつけるためには何が必要なのか。杉田氏は完成度の高いプログラム作りと、"氷の確保"を課題として挙げた。

「レベルの高いエレメンツをいかに生かすかは、プログラムにかかっていると思います。技術は練習すれば自分のものにできますが、芸術面はそう簡単ではない。プログラム勝負になると、日本の場合、やはりアメリカやカナダ、ロシアに比べると、まだまだそういう指導体制が十分ではない。かなり優秀な人は出てきていますが、それでも振り付けや構成を考えるという作業は、世界的に定評のある人たちに伍してやっていくまでには至っていない。それが日本の悩みの一つじゃないですか。

 さらにもっと大きな問題が氷の確保でしょう。外国の人たちに言わせると、『なんで日本はこんなに恵まれていないのに選手が頑張れるんだ』と疑問に思うぐらい、リンクという環境に恵まれていないですよね。十分な練習ができるような体制を作ることが、これからの大きな課題じゃないかと思います」

 日本は男子でも20歳の羽生結弦を筆頭に、世界ジュニア王者になった17歳の宇野昌磨、世界ジュニア選手権で3位と健闘した15歳の山本草太ら、今後が楽しみな選手たちを続々と輩出している。個性豊かなスケーターが育つ土壌はある。それだけに、何とかこのフィギュア人気を味方につけて首都圏にフィギュアスケート専用リンクを確保したいところだ。

辛仁夏●文 text by Synn Yinha