フジテレビの梅津弥英子アナウンサー

写真拡大

 9日にフジテレビ系で放送された「とくダネ!」で、8日に放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会が同番組が昨年放送した2つの特集について「放送倫理違反があった」としたことについて、番組内で謝罪した。

 梅津弥英子アナは、昨年7月に医師法違反の容疑で逮捕された容疑者とは全く別人のインタビューを放送したこと、翌8月には放送時点で書類送検されていた京都府議を書類送検されたと事実と異なる放送を行ったことを説明すると、BPOから「裏付けが不十分」などの理由から「放送倫理違反があった」と指摘されたことを伝えた。

 そして「とくダネ!では今回の決定を重く、かつ、真摯に受け止めております。去年問題発生から取り組んでおりますが、今後は更に再発防止の意識、また刑事事件に対する専門知識を高め、信頼できる番組作りに努めて参ります。宜しくお願いいたします」と謝罪した。